このページの本文へ

隠岐広域連合立 隠岐病院 ホーム

電話08512-2-1356

外来受付時間
午前8時00分〜11時00分
休診日
土曜・日曜・祝祭日・年末年始

Menu

このページの位置: ホーム > 病院のご案内 > 各部署のご案内 > 看護部

看護部Nursing Section

看護部長あいさつ

写真:看護部長 崎 美樹隠岐広域連合立隠岐病院は、隠岐圏域における中核的役割を担う、島で唯一の病院として地域の皆様から期待されています。

隠岐病院看護部では、病院の理念である「この島に住む、安心の医療」に基づいて皆様に信頼されるよう、優しさと思いやりのある看護の提供に努めています。離島という環境のなかで、急性期から慢性期、また終末期と様々な患者様に対応し、幅広い看護を提供していかなければなりません。そのためには、多職種と協働しチーム医療を充実させることも必要となりますが、島ならではの職員の団結力で連携を図っています。

隠岐出身者はもちろんのこと、離島に魅力を感じているみなさん!美しい自然の中で、いっしょに働いてみませんか。

看護部長 崎 美樹

看護部理念

私たちは、地域の皆様に信頼される、優しさと思いやりのある看護を提供します。

基本方針

  • 患者様の人権を尊重し、良質な看護を提供します。
  • 安全で、安心できる看護を提供します。
  • 地域との連携を図り、継続した看護を提供します。
  • 他部門と協働し、チーム医療の向上に努めます。
  • 専門職業人としての責任を持ち、自己研鑚に努めます。

平成28年度看護部目標

  • 倫理的視点に立ち、患者にとっての最善を考えた看護を提供する。
  • 互いに「学ぶ」「教える」教育的風土を創り、人材育成に努める。
  • ワークライフバランスの実現にむけて、職場環境の整備に努める。
  • 多部門と協働し、地域医療構想に基づいた病院の健全な経営に参画する。

皮膚排泄認定看護師

各病棟を訪問して創傷、ストーマケア、失禁ケアなど専門的に活動いています。

また、ストーマ外来を開設してストーマを造設された患者様が安心して生活できるよう相談の窓口となっています。

感染認定看護師

医療と感染の危険性は切っても切り離せないものです。その感染から患者さんを守り満足度を高めること、施設に働くすべての職種を感染から守ることが主な仕事です。

医師・薬剤師・検査技師とともにチームで感染の発生防止・拡大防止に取り組んでいます。

また、院内だけでなく他の医療機関や介護施設、保健所等との連携も図っていますので、地域の感染管理に活用していただければと思っています。

このページの先頭へ